我が家の場合。
結婚するにあたって、同居もしくは空き家になっていた家(築30年以上)をリフォームするか、新築するかの検討から始まりました。
新築の新居に憧れがあり、新築にしようとすぐに決まりました。
土地は、自分たちで購入するか、義父の空き家になっていた所にするかのどちらかで、購入するには地域の事も知らない土地よりは、もともとの場所に住もうという事になり、すんなりと決まりました。
田舎の一軒ずつが離れた実家で過ごしてきた私には、住んでみて隣の家の生活音など落ち着かない事も多々ありますが、自分たちだけの家という事は快適であると思います。
家を建てる建築会社から選ぶものだと思いますが、義父の知り合いに建築会社があり、そちらで建てるのが決定事項であり、予算も決められた範囲内での建築でした。
最初は若かったのと、結婚前であったのとで、お任せしていた部分も多く、後で困る事のないように無難な家というのを考えながらでした。
住み始めて10年が経ち、友達などから色んな事を聞くと「もっと家造りに関わっておけば良かった」「もっと建築中も様子を見ておけば良かった」と思うようになりました。
一つ確実に思うのが、結婚前に建てるより結婚後に建てる方がもっと関わって「自分たちの家」という意識も強くなり、大切に使えたかなと思います。